後山直大オフィシャルウェブサイト

Biography

高槻市出身のシンガーソングライター。
第一声で心を掴む、優しく透き通った歌声の持ち主。
作り出す音たちは懐かしくも、どこか新しい。
そんな生まれ変わったフォークを歌い語る。

4月7日生まれ。
3歳の頃アメリカ合衆国オクラホマ州のスティルウォーターで暮らし、その後大阪で育つ。
学生時代にはオーストラリア、スペインに留学し通訳を目指していたが、
自分を見つめ直す中で、声楽家の母の影響もあり歌い手として生きていこうと決意する。
2009年よりギターや歌を始め、同時に楽曲製作を開始。
2010よりライヴ活動を開始し、現在大阪・京都を中心にライブ活動を展開。
2013年には自身初のシングルCDを全国リリース予定。

過去にはDDD PresentsダンスエクササイズDVD『Baila Baila Vol.5』の収録曲「Ven a bailar」のスペイン語での作詞を担当した実績を持つ。

詳細 >>

Player

読み終えて感じたことが「タイトル」です。  その28

僕が休みの日に家にいるとき、いつも雷雨。

お盆休みなるものも終わり、一時帰阪してた友人らも戻ってった。


左から、姉・従妹・母・団員S・団員K・父
一家総出。

8/18(土)は、京都にある六地蔵病院へ行ってきた。たぶん2年ぶり。
前回は写真と録音のお手伝いでしたが
今回はなんか、僕も歌うことになってたので。
虚しいオリジナルを歌っても仕方ないので
唱歌なるものを歌ってきた。
コードとか分からんかったので自分でつけたら
結局暗いものになった。。。
でも聴く人の耳によっては、お洒落だそうだ。

『朧月夜』と『野に咲く花のように』
父親がマイク片手に話してた。
子供の頃に音楽の授業を通して習う唱歌・童謡。
こういう曲で日本語の綺麗さや情緒深さを
自然と覚えたりするわけですが
きっと今日日の子らは、その機会も減っている。とかそんなこと。

同意。

雑な日本語で、ノリだけで、その上滑舌終わってるとか、
そんな曲が蔓延ってる今、もう一度見直して欲しいです。
あぁ、村下孝蔵さん、なんで亡くなってしもたんや。
 
姉の友人が聴きに来ていたようで、嬉しいことに
「ギター弾いて歌ってた人ってプロですよね?森○直太○より聴ける」
なんてことを言うてくれてたらしい。ありがとうございます。
ごめんなさい、ど素人です。
患者さんやお見舞いに来てはった人らにも
とっても良かったです。って言ってもらえたので
あの日あそこで歌って良かったなと思いました。

この日は夜は大阪・天六でライヴだったので移動。
ゲリラ豪雨でJRが死んだので阪急に切り替えたりで、
あまりに余った時間もちょうどよくなってた。


夜のライヴは、これもまた楽しかった。
http://www.ustream.tv/recorded/24792227
Ustreamで配信されてたので、どうぞ是非ともご覧頂けると幸いです。
そして生歌を聴きに来て下さい。「僕」が伝わるかと。

~セットリスト~
1.タイトル未定
2.告白
3.俤
4.涕
5.かすみ草

連日ライヴとなった8/19については、また改めて。


親友って大事ですよ、やっぱり。
可能な限り支えて上げて下さい。必ず返ってきます。
そもそも見返りなんか求めてないけど、
知らずにそういう関係が成立してるから「親友」って呼べてるわけで。
あまりに、親友、親友と言葉にすると軽薄になりそうな気がするけど
たまに、認識し合うのも大事かなって思ったりします。

2012-08-22 14:00:00投稿者 : 後山直大
この記事のURL コメント(2) nice!
2件中   1 - 2 件表示 ( 全 1ページ )
コメント一覧
guest
今更ながらustream観させていただきました。
「告白」すげー歌ですな!!(笑)

年明け後に都合が合えばライブ観に行きます!
投稿者 たくまなか ざわ   2012-12-21 22:55:57
コメント気づかんかったー。ありがとー!いつでも来てー!なんやったら隣で弾いてー!『告白』、この時期はよく歌ってたけど最近あんまりやねんなー。わりと好評やけどね笑
サイト管理者 後山直大   2012-12-26 16:27:11
2件中   1 - 2 件表示 ( 全 1ページ )